車輪は工場で機械組みで編んできます。がどうしても製品にばらつきがあり、横に振れていたり、縦に振れていたり、また張り具合が緩いもの、張りすぎているもの、中心が出ていないものなどがあるので前輪後輪ともそちらを調整していきます。横振れはわかりやすいのですが縦振れは一見気づきにくいのですがあまりひどい縦振れはタイヤの磨耗が偏り、結果的にタイヤの寿命を縮めます。
 ブレーキや変速機のワイヤーにオイルを通していきます。
これによってブレーキの引きがスムーズで軽くなるだけでなく、ワイヤーの寿命が延びます。変速ワイヤーのほうは特に変速段数の多い外装式では変速のスムーズさが格段に良くなります。
 ブレーキの引きしろとレバーまでの距離を調整します。特に子供車はブレーキレバーの位置に気を使います。お子さんの小さな手に合わせて握りやすく力の入れやすい位置に調整していきます。専門店でないところの子供車のレバーはまず調整されていることがありません。
 ブレーキの種類によっても引きしろを調整していきます。 
ブレーキは最も命にかかわる部分ですので特に気を使います。
 回転の中心になるハンガー(ボトムブラケット)という部品の調整をします。ここも回りが重くてもガタが出ないようにと、必要以上に締め付けてあることが多く、ペダルを回すときの大きな抵抗になり、回転が悪くなります。当然、ハンガーの寿命を縮めます。稀に緩んでいることもあります。
 変速機の調整をします。新品のワイヤーは最初どうしても、伸びてきます。そちらを考慮して調整をしていきます。
 内装式のギアが付いていてギアを変えるとガチャガチャ音がして、空転してしまうようなときはこちらの調整がずれていることが多いです。
サドルをとりつけます。
座りやすい角度に気をつけながら組みつけていきます。
 後輪についている鍵(馬蹄錠といいます。)を取り付けると取り付けのねじが大きくタイヤ側に突き出てしまいます。とびでたぶんを切ります。これは何かでホイールが歪んでしまったときにタイヤがねじの先端に当たり、タイヤが切れてしまうのを防ぐためです。
 スタンドのバネの取り付け部にグリスを塗ります。ばねの取り付け部の引っ掛けている部分が結構削れて、くるので少しでも削れるのを防ぎ、スタンドの寿命を延ばすためです。 
ライトを取り付けます。発電機の取り付け角度に気をつけ、タイヤが削れにくいように、また少しでも回転の邪魔にならないようにとりつけます。
 COMOはハブに発電機が入っている自動点灯ライトですのでライト自体の角度に気をつけながら、またコードの取り回しに気をつけながら組み付けます。
カゴを取り付けていきます。COMOは子供乗せ用自転車ですので写真のように大きなバスケットが付きます。ステンレスのワイヤーカゴなどの場合にカゴの取り付け金具との角度や、締め具合を調節しながらすることで壊れにくくなります。そのほかの小物の取り付け、ワイヤー類の処理を行います。
 箱から出して約3時間。いろいろな所に手を入れながらようやく完成です。安全快適自転車でお客様にお渡しいたします。

こうして、自転車を組み立てています。
生活自転車編 其の壱