安全快適自転車のツボ

安全快適自転車を選ぶときのツボ スポーツバイク(MTB ROAD CROSS) 編

@使い方をイメージする。
 スポーツバイクはそれぞれの機能を特化した自転車です。例えばMTBは悪路での走行を考えてサスペンションや太目のタイヤを装備していますし、ロードレーサーは舗装路を効率的に速く走ることを考えたつくりをしています。クロスバイクはその中間で、乗車姿勢はわりと楽なMTBに似ていますがタイヤのサイズはむしろロードに近いです。
 通勤や通学で使うのか、速く距離を走りたいとか、山中を走ってみたいとか、なんとなく思っている使い方をイメージしてみてください。
 
A予算を決める。
 道具ですので価格が高いものはやはり優れています。車体が軽かったり、性能のよい部品がついていたり、ギアの段数が多かったり。わかり易いところだけでなくフレーム本体の材質が特別なものを使い強度を維持しつつ軽くなっているなど、わかりづらいところでも差がついてきます。
 せっかくスポーツバイクを買うのですから乗ってみて『やっぱ、楽だな〜。』といって頂けるものを選んで頂きたいです。
 価格帯はMTB、クロスバイク(共にフロントサスペンションだけついているかまたは無いモデル)で50,000円前後、ロードバイクで100,000円前後からがその自転車の特徴が出てくるのでお勧めです。 それ以下の価格帯ですと、部品なども今ひとつのものが多く、キチンと調整を出していても、変速操作をしてから実際に変速するまでに時間があくことや、部品のトラブルも増えてきますし、何より重いです。自転車はエンジンが人間なので軽さは正義です。(強度や剛性は確保した上でですよ。)上記のバイクで5万円台のMTBで約13キロ、ロードバイクで11キロぐらいが多いでしょうか。このくらいの重量になると楽さがはっきりと体感できると思います。

Bデザインも大事です。
 色々なメーカーから素敵なバイクがたくさん出ています。やはり、『カッコよい』と思ってもらえるバイクのほうが愛着もわくというものです。
色やデザインも大事にしましょう。同じ車種でも中には2色〜5色くらいで色を展開しているものもあります。同じ車種の色違いで迷ったときは最初に目に付いたほうを選ぶ方が多いようですね。

Cサイズを選ぶ。
 車種が決まったらそのサイズ選びです。例えばMTBの場合、タイヤの大きさは26インチです。(特殊なものをのぞく)さらに洋服と同じで、本体の部分でS、M、Lといった大きさが選べます。極端にサイズが合わないとどう工夫をしても乗りづらいバイクになってしまいます。
 サイズの表記はメーカーによってセンチメートル表記やインチ表記、上記のSML表記などがあります。さらには寸法の測り方によって同じサイズ表記でも実際の大きさに違いがあることもあります。サイズのほうはご相談させていただけると良いかと思います。

Dしっかり組み立てられているか。
 生活自転車のところにも書きましたが、やはり組み立てが大事です。自転車は半製品の状態で店頭に入ってきます。それを店で丁寧に組立て調整することで安全で快適に乗っていただけるようになります。